toggle
2017-03-22

「LIKE」展/鹿児島大学写真グループ展

IMG_8712  

たまたま道具を取りにレトロフトMuseoに上がり、写真展の店番をしていた青年と会話がはじまり、、、思わず彼の世界に引き込まれていきました。
ちょっと私的なご案内ですが、学生さんたちの展覧会を紹介させてください。

IMG_8703

彼のブースには《光景》というタイトルで16枚の写真が飾られていました。青や、オレンジ色の灯に包まれた街や運河や牛舎とかがちょっとした詩の断片のように壁に架けられています。

大学で建築を学んでいるという、彼。

この春休みにパリにアルヴァ・アアルトの建築を見に行ったときの風景も二点含まれていますと、嬉しそうに語ってくれます。とはいえ「建築」を写した写真は一枚もないことで、ちょっと私は彼に興味をかき立てられたのでした。

木立と空が、アアルトの庭からの作品でした。
そのパリの空の厚さ(厚さ、という言葉で彼は表現しました)と、日本とは違った光の印象を私に説いてくれます。

彼の、笑顔での物語を聞きながら・・・・ふと、これはなんといい時間だろうと私は感じました。
ひとりの若者が記憶の箱に切り取った思いが、一瞬で消えてしまったはずの風景が、いま、私のこゝろに入ってきて再びこの場所で生き始めている、その不思議さ、幸福感。

きっと芸術は、本来そういうものなのでしょう。

Facebookでは「LIKE(いいね)!」を押せば画像シェアができるけど、こうやってきちんと手間ヒマかけて人のこゝろを繋げていく作業をしている彼らの、きちんとアナログな営み。それがふいに私に「幸福感」をもたらしてくれたのかも。

26日(日曜日)までの開催です。
もしよろしければ彼らの思いを一度、見に来てあげてください。

 


関連記事