toggle
2011-02-13

盛況!☆「男の現場展」無事終了

 
FUKU+REの新規オープンを祝っての

「男の現場」展、無事終了。

これは建築家から施主(FUKU+RE)への
カラダを張ったお祝い+プレゼント企画でした。
建築家・二俣暁徳氏にとってはハードな4日間。
なにしろ私がブログで

「建築家にたずねよ」

なぞと書いたことから、来る人、来る人、質問の集中砲火。

アワレ建築家は、
お茶を飲む間も、食事する間も、
 ”日本一変なトイレ” で思索する間もなく、
たまの来客のない時間にちいさく背中丸めて息継ぎするだけが・・・精一杯。

目がくるくる。

さて、このアーキテクト氏、
レトロフトやFUKU+RE的アナログ世界だけではありません。
レトロフトのビルを一歩外に出ると、けっこう
ストイックでスタイリッシュな作風で鳴らしている(らしい)。

ひとつだけご紹介しますと。

↓ 住宅建築のサンプル
  

直線的なライン、ミニマムなデザイン。
まごうかたなき近代建築ではありますまいか。

人間には・・・・いろんな側面がある、
そういうことですね。


関連記事
Comment





Comment