toggle
2013-05-18

ラファエロ☆国立西洋美術館

所用で上京したのを幸いと、
あまった時間は美術館めぐりに。

ルネッサンス絵画の頂点、

「ラファエロ」

が、大挙していま東京に来ているというので見てまいりました。

不思議なことに、
予想したほどの感激がなかったのは、これまたいったいどうしたことなのでありましょう?
絵のセレクトがよろしくなかった?
こちらの体調がよくなかった?
ルネッサンスに食傷気味?

ひとつだけ、
若い時代のラファエロは、それなりに「ヘタ」であったということがわかって、
それはとっても愉快でした。

若いアーティストとのお付き合いの深いレトロフト。
長い人生のなかで段々とラファエロになっていけばいいんだね、と
そんなことに気がついた、灼熱の国立西洋美術館でした。

↓東京町歩きに疲れると神社の木陰が絶好の休憩場所。
 楠木の花がパラパラと音をたてて降り積もっていました。


関連記事
Comment





Comment