toggle
2014-01-29

日本語の偽装


朝、あるいは午後に街を歩いていると、
「準備中」
「がんばって仕込み中!!」
とかの威勢のいい札をよく見かけます。
果たして・・・・ほんとうに準備中なのだろうか!?
本当は家でテレビ見てるンだろうに!
あるいは寝てる時間帯のはずなのに。
と、そんな突っ込みを入れるのは野暮というものでしょう。
曖昧にぼかした表現こそが日本語の特性のはずだったところ、
例の「バナメイエビ」騒動で一挙に日本語の偽装は
許容範囲が狭まりました。
さて、レトロフトバス停前の「農園食堂 森のかぞく」。
私がたまに早朝、ウォーキングに出たりすると、
まだ夜明け前の早朝6時だというのに、暗いご町内の
ここだけ煌々とあかりが灯っています。
11時の開店のための、5時間も前からの「仕込み」なのです。
忙しそうなので声もかけずに店の前を通るだけなのですが、
そのドアのところには
「Close」
と手書きの頼りない札が風に揺れています。
膨大な野菜やナベと格闘している姿がガラス越しによく見えて、
ほんとうに準備中なのです。なのにこの人たちは、
準備中、という言葉を使用しないのです。
この店の潔さと誠実さが
その粗末なクローズ札に見える思いがします。
真っ正直、、、
私もだまって頭の下がる思いで店の前を通りすぎるだけ、です。
 


関連記事
Comment





Comment