toggle
2015-03-10

平川 渚インスタレーション☆「おくる」終章


                     掲載の3枚の写真提供:平川 渚(美術家)
胸うち震えるような画像が届きました。
美術家・平川 渚さんが吹上ワンダーマップアート展で
松林のなかの宿、畳敷きの客室内に展示していたインスタレーション
「おくる」
その終章。
先般このブログでもご紹介した作品。
今まさにくずれ去らんとするほど脆(もろ)く儚(はかな)い、塩の舟。
展示のあと、久多島の見える海へとひとつひとつ送った、
そのときの画像です。
以下、平川 渚さんご本人より届いた文章です。
・・・・昨日、塩の舟を91隻、
    久多島神社裏の吹上浜から、
    久多島へ向かって 送ってきました。
    左側に小さく見えるのが久多島です。
    会場で教えていただいたお話の中に、天皇の舟葬は西側へ向けて、
    遺体と共に多くの供物などを乗せた舟を流す、というものがありましたが、
    ちょうど吹上浜から久多島は西方。
    昔々、たった一人で一隻の舟で流された皇女のために、たくさんの舟が送れたこと、
    よかったと思いました・・・・・・
memo…
スライドショーはこちらをご覧ください


関連記事
Comment





Comment