toggle
2015-06-27

音響詩人☆ヤープ・ブロンク公演

今宵のレトロフトは、オランダからの素敵なお客様。
ヴォイス・パフォーマーという聴いたこともない領域のかたなので
私も、イソイソと拝聴しに参ります。
・・・・詩の音読を始め、後々即興や独自の作詩を披露するようになる。20年間近く彼の声こそが、彼の発見や新しい音を発展させるツールであった。(主催者からの紹介文より抜粋)
ネコはニャーと鳴き、犬はわんわん。
では人間は?
はて???
そんなごく卑近であり深淵なる命題を
ブロンクさん、《答》を寄せてくれるかも。
楽しみです。
予約は不要の、自由なスタイルでの開催とのことです。
思い立ったら是非、今宵のレトロフトへ。


ヤープ・ブロンク 2015 JAPAN TOUR @レトロフト
    ~レクチャーとパフォーマンス  with 松本 充明 (sound) ~
フリー、アヴァンギャルド、ロックといったフィールドをまたいで
積極的な《ヴォイスパフォーマンス》を展開する、
オラン
ダアヴァンギャルドシーンの代表者jaap blonk氏が日本各地でのツアーで初来鹿します。
レトロフトMuseoの特別イベントでは、
ショートレク
チャーとBLONK氏によるソロ・パフォーマンスの他、
sound performer 松本充明とのセッションを行います。
助成:オランダ王国大使館
日時  2015年6月.27日 (土)  open 19:15 start 19:30
会場  レトロフト Museo   鹿児島市名山町2-1,レトロフトチトセビル2F
料金  1,500円 (学生1,000円)
お申し込み&お問い合わせ  croisekag0@gmail.com
または FACEBOOK経由のお申し込みは→コチラ


+++++++++++++++++++++++

● jaap blonk :作曲家、パフォーマー、詩人
70年代末期にサックスを始め、数年後ボーカルパフォーマーとしての自らのポテンシャルに気づく。
詩の音読を始
め、後々即興や独自の作詩を披露するようになる。
20年
間近く彼の声こそが、彼の発見や新しい音を発展させるツールであった。
2000年あたりからblonkは電子音
を使って作曲を始め、最初は自らの声をサンプルしていたが、
後々シンセの音も含むようになる。
世界中で演奏を行っており、ステージ上での存在感や、
興での無邪気な自由さと鋭い構造の共存性が、彼のユニークさといえる。
+ 松本充明 : 視聴覚作家・sound performer
フランス、パリ・ソルボンヌ大学で映像を学び、
自作のサ
ウンドを手がけたのを始めに、以降、映像や音を駆使したインスタレーション、空間デザイン作品を発表。
帰国後は
国内外での演奏、大学や地域イベントでの即興音楽ワークショップなども行う。
インドのダンスカンパニーとのコラ
ボレーションでヴェネツィア・ビエンナーレ等の国際アートフェスティバルでも数多く演奏。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
レトロフトmemo..
毎回、驚きのパフォーマーを国内、国外からご紹介くださる
松本充明さん。
今回のブロンクさんのジャパンツアーでの来鹿も超ど級の驚きですが、
でも、「人の声の可能性」や「人の声の概念」とかをちょっと真面目に考えさせてくれる
気付きの夜と、なりそう。→you tube参照
 


関連記事
Comment





Comment