toggle
2018-11-07

Sunnysideup〜作品の予兆

セルジオ作品
↑ Sergio Calatroni作品から 

レトロフトは不思議だとか、変わってるとか、なんか楽しいとか、解放区だ、、、とかいろんな形容句が私たちの耳に届きます。

でもそれは私たちがそもそもそうだったというのではなく、
自由に生きていくために、刻苦勉励してようよう手に入れたもの。。

均質化に向う現代社会。
さらに、そうでなくとも均等化の進んでいた日本社会。
均一な品質の品物だけで無難に生きて行ける、今の消費生活。

そうしたものがコワくなりかけた時、私はイタリアへ逃避します。
でも、今月はそのイタリアが、向こうから鹿児島に来てくださいます←Click!!。

どんな展示のどんな展覧会になるのかは、実は私たちもまだ十分には存じません。でも、
いくつか手元に流れてくる参考写真は、「やはりイタリアはイタリアだ」と感じられるものばかり。

逆に云ったら、
いかに自分がニッポン社会に同化させられていたか、、、を、
まるで通信簿のように知らされるコワい時間。。。

Sunnysideup
〜暗い世の中においても明るく輝くものがある

2018年11月13日(火)〜11月18日(日)まで。
11時〜19時
会場&主催 レトロフトMuseo  鹿児島市名山町2−1
お問合せ  099−223−5066

↓ Miyuki Yajima作品から
みゆき作品2

 

 


関連記事