toggle
2019-10-26

『朗読と音』〜笹井宏之 歌集「ひとさらい」より

レトロフト連続シリーズ『朗読と音』
笹井宏之 歌集「ひとさらい」より

2019年11月8日(金) 19:15開場 19:30開演
朗読 梅原大暉(うめはら・たいき)
音  濱田貴志(はまだ・たかし)
解説 多田蔵人(ただ・くらひと)

会場  レトロフトチトセビル1階    鹿児島市名山町2−1
参加費 1800円(お茶付き/要予約) 学生1300円
お申込み info@retroftmuseo.com
主催   レトロフト 099-223-5066

シリーズ「朗読と音」は、朗読の声とそれに添えられる「音」に導かれながら文学世界をイメージする、五感を使って楽しむ新しい読書です。今回は現代短歌の世界に彗星のようにあらわれ夭逝した歌人・笹井宏之をとりあげます。

誰もがとりこになってしまう彼の歌、感性は没後10年経った今も熱く読み継がれています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ねむらないただ1本の樹となってあなたのワンピースに実を落とす

IMG_1832

ひかりふる音楽室でシンバルを磨いて眠る一寸法師

IMG_3211

カルシウム不足の月を叩き割る 斧のいたるところにどくだみ

IMG_2983

水田を歩む クリアーファイルから散った真冬の譜面を追って

IMG_1721

それは明日旅立ってゆく人のゆめ こうのとりには熱いポトフを

IMG_0228

 


関連記事