toggle
2016-05-21

津軽塗 漆(つがるぬり・うるし)松山継道 展

hirosaki002

津軽塗 漆 松山継道 展

☆2016年5月25日(水)〜29日(日)
☆11時〜19時(最終日のみ〜17時)  入場は無料です、

このたびレトロフトにお迎えする松山継道氏は、
重要無形文化財保持者(いわゆる人間国宝)を中心に伝統工芸作家、技術者等で組織する団体=日本工芸会←Click! の正会員です。
その人気の作品のいくつかは、現地津軽でも入手には注文からかなりの時間を要するほど。
思いがけずレトロフトでの展覧会が実現致しました。どうぞお楽しみに!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【津軽塗体験のご案内】

このたびの展覧会期間中、松山継道氏ご子息・昇司氏のご指導で《津軽塗り遊び》を体験いただけます。津軽塗をより深く理解いただけるための催しです。是非ご参加ください。

「漆を塗り」→「研ぎ(※この部分を体験頂けます)」→「漆で艶付け」

※まず、お箸やスプーンからお好みの品を選んでいただきます。そして、松山氏が既に20回程度漆を塗り重ねたものに「耐水ペーパー」を使い模様を浮き上がらせていきます。この作業をご一緒いただき、その後製品をお預かりして一ヶ月ほど時間をかけて漆を吸い込ませ艶を付けて、弘前の工房から発送致します。

☆参加費 2000円(お箸そのもの+送料+tax含む)
☆予約は不要です。会期中の毎日 11時〜 13時〜 17時〜 の開催です。
☆この展覧会は通常の展覧会より会期が短いのでご注意ください。

↓ 2014年8月に私たちは松山継道氏のアトリエを訪ねました(弘前市)。
IMG_5820


関連記事