toggle
Blog

金曜市のこと

 IMG_6130
ストックホルム・ノーベル賞授与式の建物前広場に日常的に立つ市

北極圏で畑もないような国や、日本ほどには豊かでない国が、どうして『市場』はあんなに豊かだろうと、海外を旅するたびに不思議に思っていました。溢れんばかりの食材の『市』が日本にないのはナゼ?

それと、スーパーで買い物しながら思うのが、
鹿児島の街からはどうして、八百屋も果物屋も消えてしまったのだろう、と。

それと(だんだん興奮)
私の母のように一人暮らしの人の料理に適した、野菜の一個買いができないのはなぜ?

↓ ストックホルムの青空市場で、昔ながらに「枡(ます)」で量り売りのキノコやジャガイモ。
IMG_6635

そんなこんなの思いを込めてスタートさせたのが『レトロフト金曜市』であります。

☆品質に自信のある品だけを(可能なら減農薬・無農薬)きちんと対面販売で売りましょう。
☆可能なら、生産者直々に販売に来てもらって生産地の声を届けてもらいましょう。
☆市場での規格に合わずに意味もなく廃棄されそうな品も、きちんと販売しましょう。

そんなこんながレトロフト金曜市の根幹です。が、ここへきて小さな「壁」が見えてきました。それは、

『良心的な生産者はやはり忙しい(畠を丸一日空けるのが実は大変)』

ということ。
なので5月からの《レトロフト金曜市》は、隔週(第二&第四金曜日)での開催に改めようと思っています。
その分、毎回の出展者数は増えるわけですからお買い物の楽しみも効率いいかもしれませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新しいスタイルでのレトロフト金曜市は、5月12日(金)の《レトロフト新茶まつり+パン》で幕開きです!

☆笹野製茶さん(東郷町)
☆瀬川農園さん(頴娃町)
☆ル・エドニー・デュパンさん

それと本心としては、もっと広範の出展者が出揃ってくださることへの希望もあります。そうすれば再び毎週開催も夢でなくなる、、。出店ご希望の方々、我こそはと思うかたは是非声かけしてくださいね!

これからもレトロフト金曜市をどうぞよろしくお願い致します。

R0010207
↑ 昨年の新茶まつりでの笹野製茶さんと 
↓ 頴娃町の瀬川農園風景+エドニーさんのパン!
15241361_1201405526608213_1468334125104357324_n
IMG_6116

アートと音楽と/museum & music

Puvis-de-Chavannes-Musée-de-Lyon
フランス近代の画家シャバンヌの描いたミューズ神たち(wikipediaより)

ご存知と思いますが、レトロフトMuseoのムゼオは「美術館」の意味なんです。
その語源はミューズ(Muse)神。
で、その言葉からはMusic(音楽)という言葉も派生しています。

《アート》だけでなく《音楽の場》でもありたいと願うレトロフトの夢を、今年の周年ウィークほど力強く叶えてくれた年はありませんでした。

↓ croisements.vol.14/山内桂さんと松本充明さん(2017.4.15)
R0001228

☆croisements.vol.14/山内 桂さんをゲストに→コチラ

☆アラビアコーヒーを楽しむ会/木下賢也さん(アラビアの打楽器)+Madokaさん(ベリーダンス)→コチラ

☆夜会/種子田 博邦さんのハモンドオルガン演奏と映像→コチラ

そのどの催しも、松本充明さん主催のクロワズモン(=交差するところ)という言葉がすべてを象徴するかのように、多彩なアイテムが美しく交錯していました。

Kissaco Mitsutaさん主催のアラビア珈琲の会にしても、
コーヒー文化の背景をきちんと感じるために、アラビアの音楽リズム&ダンス、中近東のスィーツまで網羅されていて、それはもう知識というよりは「熱狂」となって会場のお客様を一体化させてくれました!

↓ アラビアコーヒーを楽しむ会/Madokaさん(2017.4.16)
R0001243

そしてハイライトの『夜会』では、
マダムエドワルダの妖しい文芸世界を五感で皆さまに体得していただきたく、「正装」を皆様方にリクエストしての夜会と致しました。→コチラ

『夜会』を彩る音楽ライブで、種子田 博邦さんの「読書のための音楽」というオリジナルシリーズからこんな音と映像のプロジェクションが会場の中央で展開されました。

その人の好きな本を、会場の片隅でゆっくり頁をめくりながらご覧いただくと、
それがライブ映像として壁面に照射され、その映像に触発された種子田さんが今度は音楽を紡いでいく、、、音楽&文芸の交差点でした。

↓ 『夜会』での種子田 博邦さん「読書のための音楽」(2017.4.22)
R0001300

マダム・エドワルダの哲学的ともいえる世界を、
純粋に文学としてお届けしないレトロフトの姿勢に、実は開催前には批判の声が届いていました。
それは心が凍るほどに、私たちにとっては辛い出来事でした。

でも、バタイユの世界を、衣装やヘアメークといったヴィジュアルでご覧いただいたことで、仏文学には縁遠い方々をも、その眩惑的な世界に導くことになれたのでは・・・と、実は今では自負しています。

バタイユの耽美的な世紀末感は《夜会》で皆様方と共有され、
またFUKU+REの協力によりフランス的な香りのスィーツも皆様方の味覚に残すことができました。

↓ 「夜会」でのシャンパンバー・マダム役=仲里亜紀子さん(ネコノヒタイ事務所スタッフ)
18073416_1368173926598341_140109094_n

『書物の誘惑。』とコムズカシイ名の展覧会でありました。
でもいかがでしょう、今ではバタイユの世界は皆様方の心の書棚にきちんと収蔵されているのではないでしょうか。

5周年の催事にお越し頂いた皆様と、この行事開催に尽力くださったアーティストの方々に
心から御礼を申し伝えたいです。
ほんとうに、ありがとうございました。

IMG_8974

4月22日(土曜日)は「夜会」

R0001182

いよいよ今度の土曜日=4月22日午後7時(〜だいたい9時半くらいまで)レトロフトの『夜会』です。
私たちレトロフトのメンバーは全員、フォーマルな姿で皆様をお迎えいたします。

「派手すぎないかしらん、、、」「地味?』と悩みつつ。

そしてレトロフトにお越しの皆様方にも、当夜は可能な限り「フォーマル」をお願いしています。(できればオトナに妖しく・・・)

なかなか、日本では結婚式くらいしか正装の場がない今のニッポンですが
ちょっと昭和の時代を思い出してみますと、私の父は、ここ千歳商店に出勤するのに朝、きちんと帽子を手にして玄関を出ていました。

子供時代の私もデパートの大食堂に行くのに、ちょっと「よそ行き」でおめかししたり、暮らしの中にとても素敵な「ハレの空間」があったように思えるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なのでどうぞ、思いっきりおめかししてレトロフトへお越しください。
といってもムリはなさらず、普段よりちょっとフォーマルくらいでも大丈夫です。
はい、もちろん平服のままでも大歓迎です。

※地下・tawarayaさんの片隅に小さなお召し替えブースも準備致します。

とはいえ、目立つためのコスプレ大会でもありませんので、ごく普通にレトロフトをお楽しみください。
当夜は、美しい皆さま方との会話、笑顔、思い出の共有こそが・・・・このパーティの主役なんです。
一人一人が楽しみながら創り上げるオトナ時間。

【当夜のお楽しみメニュー〜音楽、映像、そしてお飲物&フード〜】

☆音楽家・種子田 博邦さんのハモンドオルガンライブが随時、1階リゼット広場で(入場無料)。

☆その脇ではネコノヒタイ仲里さんとtawarayaまりこさんのシャンパンバーも設置されますよ。

☆せっかくの美しいお姿です、安藤アンディさんの『チェッキ写真館』でその場で撮影&お渡し(500円/一枚)

☆キッサコさんも花の木ファームラボさんも夜会特別メニューをご提供。

☆森のかぞくさんも、ちょっとお洒落なスタイルで営業!


>>ちょっとご参考までにミラノ・スカラ座の初日風景ビデオを。これって別にセレブとかの集まりではなく、ごく普通の市民が初日はきちんと着飾ってオペラ見物にいく素敵な習慣なんですよ。

→コチラクリック

↓ ちょっと場違いですが・・・(笑)
IMG_1272

読書のための音楽

17629728_1045855295558894_1017402004530568511_n

16406843_1780254465571276_7081611525647161282_n

まことに人との出会いは、、、天からの贈り物です。

音楽家が東京からレトロフトに遊びに来てくださり、
ほら、あそこにオルガンがありますでしょ、と私が(この時点ではどんな分野の音楽家かとかもよくは存ぜず)リゼット広場に導き入れた、のが事のはじまりだったのです。

以下、その時の模様をご自身から寄せられた自己紹介文でご紹介しますね。

・・・・こんにちはタネダと申します。 1994年に鹿児島を旅立って、東京を拠点に音楽をやってます。2000年からは『読書のための音楽』をテーマに作曲&演奏活動をしています。

鹿児島にはしばらく無沙汰していましたが、
2015年冬に県民交流センターで映像作品プロジェクションマッピング『維新は薩摩から』←Click!!を1ヶ月間上演しました。

永井さんに会ったのはほんの通りすがりの偶然でしたが、初めてこのレトロフトチトセを見た時は、ああこれからたびたび鹿児島に帰ってくる理由ができたなあとしみじみ思いました。

奥へ行くと吹き抜けの階下に珍しいHAMMOND Super SX-1という電子オルガンが鎮座していました。
永井さんの「弾いてみませんか」のヒトコトからほんの数分で「夜会」への参加が決まってしまいました(笑。

古いもの好きの私ですから不思議はありません。皆さんもそうでしょう?

夜会では「読書のための音楽」を主題に、即興演奏やガトー・バルビエリなんかをやります。いや、やるつもりです。楽しみにしています。

種子田博邦

・・・・・・・・・・・

レトロフトmemo…

4月22日『夜会』の夜は、種子田 さんに表題曲「読書のための音楽」をハモンドのビンテージ電子オルガン(Super SX-1)およびピアノで演奏していただき(だいたい1クール30分ほどずつ数回)、会場はちょっと幻想的な光の演出(プロジェクション)に彩られるはずです。

そして演奏の合間は、ここ同じリゼット広場が『シャンパンBar』としてご来場の皆様のパーティ会場にもなります。バタイユゆかりのバラ色のシャンパン・ベリーニを片手にご来場の皆様方、そして種子田さんとも楽しくご歓談ください。


↓ レトロフトにいらしたタネダさん(左上)と出会い、いきなり「夜会」への出演が決定したその時の記念的集合写真。
16806671_1278323462249752_2487041791745091488_n

夜会・4月22日

IMG_8406.JPG

夜会のご案内

レトロフトチトセは4月14日に5周年を迎えます。

レトロフトMuseoではこのたびスタイリスト藤崎コウイチ氏をディレクターに迎え、
フランスの作家・ジョルジュ・バタイユの《マダムエドワルダの世界》をビジュアル化した写真アートを中心に、ギャラリー全体をスタイリングして、
妖しく耽美な空間を表現します。

 

それにちなんで、4月22日(土)レトロフトチトセ1階空間を会場に《夜会》を開きます。
レトロフトのメンバーは全員がフォーマルな姿で皆様をお迎え致しますので、皆さまも是非ドレスコードを楽しみながらお洒落に、気軽にご参加ください。

*2017年4月22日*19:00〜21:30

ドレスコード*できればフォーマル(ちょっと妖しく)……仮装・コスプレとは違いますのでご留意ください

*音楽家・種子田博邦さんが東京から来鹿。CDにもなっている「読書のための音楽」を主題にハモンドオルガンでライブ演奏&ミニプロジェクション(入場随時&無料)

*安藤アンディさんが《チェッキ3月34日写真館》でポートレートを撮影、その場で写真をお渡しできます。  1ポーズ 500円(お得ッ!)

*臨時オープンの《シャンパンBAR》ではイタリアの桃のシャンパン、ベッリーニをご用意。

*「森のかぞく」「 KISSAKO」「花の木ファームラボ」も特別夜間営業。

*期間限定でFUKU+REのスゥィーツもレトロフトMuseoにて販売。 

どうぞ大人の夜をお楽しみください。もちろん平服でも大丈夫ですのでご来場をお待ちしております。
お問い合わせ 099-223-5066(レトロフト)

memo….ジョルジュ・バタイユの世界を「朗読」で演じ切った、池田昭代さん2013年のレトロフトでの公演を今一度スライドショーでご鑑賞ください。→コチラクリック

春のティーサロン/オープン5周年

17795962_1158492450946498_8131121029493185443_n
撮影:studio pekepeke

いよいよ今週、4月14日(金)からがレトロフトチトセ5周年記念ウィークのスタートです!

その記念すべき14日に『春のティーサロン』が開催されます。
レトロフト1階空間が、笹野千津子さんプロデュースによるティーサロンとして一日だけの店開きです。

*4月14日(金)11時から16時まで。
*予約優先とのことですのでコチラで書き込みなど連絡をとりあってください。

当日のMenuは、
☆東郷紅茶1stストレート300円
☆東郷紅茶2ndミルクティー350円
一番摘み、二番摘みに最も適した淹れ方での紅茶をお楽しみいただけます。

お菓子は、
☆RH+previewさんのスコーン、ジャム、クロテッドクリーム添え 350円
☆パティスリーMaeyaさんのケーキ350円

そして、この日は金曜市の日でもありますので、
東郷町の《苺の販売》もあるそうですよ。

そして、《ル・エドニー・デュパンさんのパン》もティーサロン会場で購入いただけます。

春の花見の延長でどうぞこの日はレトロフトで素敵なティータイムをお楽しみ頂きながら、レトロフトの5周年の催しを存分にお楽しみください。

and…
午前11時〜ノレン下で、吉例くす玉割りがあります!!パチパチパチ(笑
2階レトロフトMuseoでは「書物の誘惑。」初日となります。

↓ これは2年前月夜の恋歌の際のワンシーン
IMG_9406

クロワズモンvol.14+『HaRuLi』上映会

sample1sample2

レトロフトチトセオープン5周年記念のcroisements.(クロワズモン)です。

山内 桂(サックス)+松本 充明(視聴覚作家)+上映会&トーク

☆2017年4月15日(土曜日)19:00〜(開場は18:45)
☆2300円(軽食付きの前売り価格)2500円(当日券/軽食は含まれません)
☆レトロフトチトセ・リゼット広場 鹿児島市名山町2−1  tel.099−223−5066

vol.5のクロワズモンに出演してくださり大分をベースにヨーロッパやアジア、日本各地で演奏活動を行っている、サックス奏者の山内 桂氏をゲストに迎えます。

メインのパフォーマンスは山内+松本両氏による演奏。
オープニングアクトとして山内氏2作目の映像作品である「HaRuLi」を上映致します。

お申し込み→こちらから「参加する」をクリックしてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

HaRuLi・ハルリ25分作品/コロンビア、イタリア、インド、韓国等世界各地の映画祭に入選・上映)

水の精が水を通して映し出す宇宙、そして人の心。
バラバラになってしまった世界。
過去と未来、月と太陽、女と男、、、
今すべてが和に向おうとしている。

哀しみ、寂しさ、迷いもまた良し。雪の清楚、氷の秘めたエネルギー、森の迷路の心地良さ。
新月から満月への変遷の中で、遠くから呼び合う声はやがてコーラスになり、楽器やあらゆるものが集まり祭となる。

水の精は問う、「もういいかい?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レトロフトチトセは2012年4月14日にオープンいたしました。__+2-778136

 

レトロフトチトセ5周年企画 《書物の誘惑。》

bataille001

レトロフトチトセは4月14日に5周年目を迎えます。

レトロフトMuseoでは毎年、オープン記念としてこの時期に『本をテーマとした』展覧会を発表し続けてきました。
2017年春は、

〜具現化する特異な文学世界〜

  書物の誘惑。

を4月14日〜4月23日お届けいたします。
11:00〜19:00月曜休廊(22日は20:30まで開廊)

会場 レトロフトMuseo  鹿児島市名山町2−1 レトロフト千歳ビル2階
入場無料 099-223-5066

【レトロフトmemo】
5年前、レトロフトチトセ開業&本の回廊を作るために私たちが着目したのが、19世紀パリのPassageーパッサージュ空間でした。

そのフランスの作家でもあるジョルジュ・バタイユ。
今回の展覧会「書物の誘惑。」では、代表作《マダムエドワルダ》の世界を表現する写真展示と共にギャラリーは耽美的な闇に沈みます(スタイリスト&ディレクションは東京在住の藤崎コウイチ氏)。

併せて会場では関連図書の展示、販売と
期間中限定でFUKU+RE「大人のスウィーツ」も販売が予定されています。フランスのエッセンスを郷土菓子の形で伝えるFUKU+REが、この催しと季節にぴったりのスィーツを構想くださいます。

オープン記念ウィークには1階リゼット広場でも「夜会」=4月22日夜/「クロワズモン=4月15日夜/金曜市スペシャル=4月14日/アラビア珈琲を楽しむ会=4月16日夕/など様々な催しがキラ星の如くに開催されます。
順を追ってご紹介しますのでどうぞお楽しみに!

モノ・モノ・モノ

17498463_1278990775508708_2217721572150695563_n-1

「こころを満たすモノの循環」を考えよう。鹿児島発グローバルリユースの現場から

 
日時 4月9(日)17:00~19:30 (16:30受付開始、17:00スタート)
□場所 レトロフトMuseo 〒892-0821 鹿児島県鹿児島市名山町2−1レトロフト千歳ビル2F

□参加費 自由席:3000円(ケータリング食事付き)

□イベント概要
「こころを満たすモノの生産や消費」について対談やスタディツアーを通じて同世代の観点から発信を続けるEVERY DENIMと鎌田安里紗。鹿児島発のベンチャー企業で「グローバルリユース」に取り組む株式会社エコミットを訪れ、感じたこと、取り組みたいことを参加者のみなさんと一緒に考えます。

・・・・・・・

《レトロフトmemo….》

と、上記のイベントご紹介を読んでもいったい何が何やらチンプンカンプン、と思います。
薩摩川内市にある企業、ecommit社。。。。
私も最初はまったく無知だったのですが、いろいろ学ぶ中ですごい最先端を走るベンチャー企業ということが、(とろい)私にも段々とわかってきました!

コチラをご覧ください(前長島町副町長の井上貴至氏のブログからのご紹介です)。

その内容と伝えたい内容が深過ぎて、ちょっとこのブログ欄では全貌をお伝えしきれないので、レトロフトのこれまでの活動で近い発想を寄せてみます。

☆レトロ市の目指すもの→消費し続ける社会への小さな反省
☆古い建築もきちんとリサイクルして活用→オープンハウスカゴシマの記事

・・・・・・・・・・

説明を加えれば加えるほどこんがらがるのが先端の思想だったり芸術だったりの常なわけですが、
まずは上記の私のあやふやなご紹介からでも、なにか心に響きそうな予感や予兆を感じた方は、「まずそれを知るため」だけでもこの4月9日の催しに参加してみられてはいかがでしょう。

ここには深いマグマの遠赤外線熱というか、未来を目指す「何か」を私は感じるのです。

☆詳しいご紹介はコチラです→Clickしてください。

☆お申し込みはFacebookページからどうぞ→Clickしてください。

 

2017-03-31 | Blog, 日々のできごと

kcic(アート情報センター)とレトロフト

kcic003

いろいろな考えのあることはよく存じていますが・・・ちょっと年度末に思うことなどを。

本日3月31日は、いろいろな組織が変わる日(正確にはその前夜)です。
レトロフトから2分の場所にあるkcic(鹿児島市に付属するアート情報センター)も、明日から内容が変わります。

名称と所在地とはずっと同じでありながら、明日からのkcicはもう私の知るkcicとは別の物となっていくはず。

ふと思うのですが、人は、わからないものに出会った時に、
なになに???と興味津々で寄っていく人と、
理解不能!!!とキッパリと拒絶する人にわかれるみたいです。

レトロフトの出し物は、わからないモノのオンパレード(クロワズモンやアラビア珈琲占いなど、、、「謎」多数!?)。
kcicはその、ワケノワカラナイモノ同志の大切な相棒でした。

それでもレトロフトは来月14日にはオープン5周年を迎えられるのは、個人商店だから許される贅沢なのかなぁと感じています。
砂浜での一粒の宝をさがすためにゆったりあくせくし、
森をつくるためにまずはタネを播くことから始めて。

本来、アートとはそんなものだと思うのですが、効率化の進んだ世の中はそれを待ってはくれないようです。

そうした思いを私は「カッサンドラ」というギリシャ神話の登場人物に重ねて餞(はなむけ)の文章としました。
ちょっとお読みいただけますと嬉しいです。(この小冊子はkcicやレトロフトでお手にできます)

それとご近所のよしみとでもいうのでしょうか、
これまでのkcicのDNAを引き継ぐ試みとしてレトロフトチトセ(1階)のど真ん中で、その立ち上げスタッフ早川由美子さんのギャラリーが開催中です。
本日までが「蔵出し展」、そして4月14日からもまたあらためて企画があるようですよ。

さて、ところでその効率化とやらって、それほど魅力的なものなんでしょうかぁ。。。

kcic002

 

1 2 3 4 5 6 7 12